実際に農作業をしてみて

Pocket

私は去年の7月からキュウリ農家にお世話になりました。

きゅうりが一番採れる時期は、5月・6月なので、

働く前はその時期を避けることができて、ラッキーぐらいに

思っていました。

しかし、時期は真夏の7月。

思い返すのも嫌なほど、あつくて、しんどくて、きつかった。

農業の世界に入るまで、私の仕事はデスクワーク。

夏でもエアコンの効いた部屋でパソコンを眺め、

日焼けすることもない日々を過ごしていました。

そんな私が180度違う、農業と言う肉体労働の仕事へ。

ましてや、毎日30度を超えるくそ暑い真夏での仕事。

ほんまきつかった。

周りの人からも「一番しんどい時期に来て」とよく言われました。

汗をめちゃくちゃかいて、脱いだシャツから汗がしたたり落ち、

その落ちた汗で水たまりができていたこともありました。

夏に働き始めてから秋になるまで、手や指先がむくみ、腕時計のベルトが

キチキチになりベルトのサイズの調整に行こうかと思ったほど。

今でもきつい仕事の後は疲れるが、農作業を始めてから7か月過ぎました。

農作業を継続できている私の体、すごいな!

40代のおっさんもまだまだできるぞ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする