物買ってくる、自分買ってくる

Pocket

「物買ってくる、自分買ってくる」と言う言葉があります。

この言葉の意味は、物を買う時に、自分の人間性が出ると言うこと。

これ、本当にそう思います。

お金がないからと言って、安いものばかりを買う。

仕方のないことなんですが。

お金がない、時間がないからと言って、安くて、腹持ちの良いものばかり食べる。

具体的には、コンビニでチキンばかり買う。スナック菓子を爆食いする。

牛丼ばかり食べる。炭水化物過多、糖質過多になっていると思います。

これは自分にも言えることです。

安いからと言って100円ショップで何でも済ましてしまう。

子供に使わせるクレヨン、色鉛筆、遊び道具等々。

正直、どうなのかなと疑問に思います。

100円で売られている以上、100円以上の原価で作られている訳がない。

買う我々としては、こんなものまで100円で買えるんだと言う驚き、お得感で

買ってしまいます。

私も100円ショップでよく購入します。

ただ、本当に大事なもの、自分が大切にしたいものは、100円ショップでは買いません。

先日、カンブリア宮殿に100円ショップのダイソーの社長が出演されていました。

ダイソーの矢野社長が「安物買いの銭失い」という言葉を言われて、非常につらかったと

言われていました。また、ダイソーのバイヤーの人も良いものを提供したいと

言われていました。

素晴らしい心がけだと思いますし、ダイソーがここまで繁盛する要因がここに

あると思いました。価格以上の価値を提供する。

何でも100円で済ましてしまえば、当然安く済みます。

しかし、それでいいんでしょうか。

100円のお茶碗と1000円のお茶碗。

1000円の腕時計と10000円の腕時計。

無料の携帯と高額なiPhone。

あなたはどちらを選びますか?

これに正解はありません。

あなたの価値観や置かれている環境で選んでいると思います。

「物買ってくる、自分買ってくる」

自分を見つめなおす言葉だと思います。

長くなったので、明日続けます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする