うまく話すことができない

Pocket

うまく話すことができない。

うまく話す必要なんかないと思います。

お笑い芸人やプレゼンで理路整然と噛みもせず、

話している人たちを見ると、ちゃんと話さんと と思いますよね。

一方、アナウンサーやお笑い芸人が噛むと

おいおい、なんでやねん! と突っ込みたくなります。

上手く話すってなんでしょう?

18年間、父親一人に育ててもらい、父親のもとを離れて新たな生活を

送ろうとしている娘が父に手紙を読み上げる場面・・・

まあ、思いがこみ上げて、詰まったり、

今までのことが思い出され、泣き出してしまったり、

父親が泣き出して、何も言えなくなってしまったり、

これらどう見てもうまく言えているようには思いません。

一方、Siriなどのコンピューターが、

用意してある文章を読み上げれば、うまく読み上げることは

できると思います。

だけど、コンピューターが読んだ文章と

娘が思いのたけを込めながら、詰まり詰まり読む文章、

どちらの方が思いが伝わるでしょうか。

流暢に話す必要はないと思います。

用意した文章をうまく言えたからと言って、

相手方に伝わるとは限りません。

話すことは伝えること。

うまく話せなくても、伝わることはたくさんあると思います。

自分が話したことは、相手に伝わっていますか?

自戒も込めて。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする