出来の悪い上司(リーダー)に対処する方法

Pocket

(1)多数派工作をする…リーダーの資質がない上司は、大抵気が弱く、

自分で決定できない人が多いので、多数決にしようとすることが多い。

よって、自分より若い社員を全員味方につけてしまう。

そうすれば、自分が思った方向に進むはず。

上司の更に上に立つ人物を味方につけるのも良い。

(2)飛び出して、ベンチャーを創業する

(3)クーデターを起こす

長い歴史を見た場合、出来の悪いリーダーに対処する方法が

上記の3つ。

出口治明氏 談

【ばたさん語り】

会社と言う組織の中で、上記の方法は難しいかもしれませんね。

(1)を行うと言うことは、(3)のクーデターに近い感じもしますし。

ま、いっちょやってやるかなと思うなら、(1)の方法かなとも思います。

上司や親は自分で選ぶことはできません。

そういう、コントロール不可能な部分に頭を悩ますのではなく、

自分がコントロールできる部分に焦点を合わせたほうが

ストレスは少なくなるとは思いますが、そうそう上手くいきませんわな。

最悪なのは、上司がむかつくからと言って、

後先考えず、会社を辞めてしまうこと。

これ、無職になってから本当に大変です。

また、この話を書きたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする