キュウリの終わり

Pocket

Hans / Pixabay

今年の2月頭に植えられたキュウリが

終盤に差し掛かり、収穫を終えたハウスも出てきました。

キュウリの実をつけ続けて、約3か月強。

キュウリの樹も寿命を迎えます。

キュウリも人間と同じく生命体。

寿命があります。

寿命が近づくと、実もきれいではなくなり、

葉は枯れ、新芽が出てくることはありません。

キュウリの樹は緑色ですが、寿命が近づくと黄色になります。

今週2つのハウスを終わりにしました。

そのまま、置いておいても少量のキュウリは採れるかもしれませんが、

そのキュウリの品質は、良くないものです。

そして、盆明けには、新たな苗を植える予定です。

それに間に合わせるために、徐々に終わりにしていっています。

片づけの作業も大変なんです。

このくそ暑い中、ハウス内で、キュウリの残渣を運びださねばなりません。

天気を見ながら、

作業者の体調を見ながら、

キュウリの取れ高を見て、お客さまへの供給具合を見ながら、

春作から秋作へつなげていかなければなりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする