アートとは何か? 前澤友作氏

Pocket

skeeze / Pixabay

アートとは何か?

あまり難しく考えていない。

ただ好き。

美しいから。

窓から海が見えたらきれいですよね?

新幹線では、富士山が見えると写真撮りますよね?

そのことに意味を求めてもしょうがない。

美しいから好き。

だから、生活の中にあって欲しい。

自分にとってアートは、そういう存在。

前澤友作氏 談

ダイヤモンド誌の記事から引用

【ばたさんが言う】

ZOZOTOWNを経営している前澤氏。

美術品の収集家としても有名です。

バスキアの作品を非常に高額な値段で購入したようです。

その縁でディカプリオのロサンゼルスの家にも呼ばれたとか。

前澤氏が言うように、私もアートに理屈を求めたくないと思います。

きれいだから好き

何かいいから好き

見た瞬間、金縛りを受けたから好き

そんな五感で感じたものに

素直になることが必要なのではないでしょうか。

他人の目など気にせず・・・

私にとって、絵画で良いなと思うのは、

西洋画では、アンリ・マティス

日本画では、葛飾北斎

マティスの色使い、構図は本当にすごいと思います。

自宅にも、マティスの絵画のポスター張ってます。

ニューヨークのメトロポリタン美術館で、マティスの特別展を

何周も見たのを思い出します。

葛飾北斎の北斎漫画。

これを見ると、今の漫画の基礎はここにあるのではないかと

思ってしまいます。

代表作の富嶽三十六景。

私も模写していますが完成するのはいつのことやら・・・

ところで、前澤氏、今話題になっている方は

やはり美しいから好き

なんでしょうか(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする