中年が自分の市場価値を知る具体的方法

Pocket

九塞溝にて

自らの市場価値を知るためには、まず「職務経歴書」

書く必要があります。

 

これが、面倒なんですね。

個人差はあると思いますが、私は非常に億劫(おっくう)でした。

 

今まで、どんな仕事をしてきたかを

なるべく簡潔に、具体的な数字を入れて、自らの経歴を

書き連ねなけばなりません。

 

決して、課長や部長ができますだけで

終わってはいけません。

 

自分のことを知らない人事部の人がわかりやすいように

具体的に何をやってきたのか、

具体的な数字、管理した人数や売上、

プロジェクトの規模を記すとよいかもしれません。

 

大学を卒業してから、20年以上も経てば、

数々の仕事をしてきたと思いますが、

それをすべて書き込み、職務経歴書が10枚に

なってもいけません。3~5枚程度が良いのかなと思います。

 

具体的な書き方については、「職務経歴書の書き方」で

ググれば出てくると思います。

 

そして、自らの市場価値の測り方ですが、職務経歴書を書くことで、

自らの長所、アピールポイントがわかったと思います。

それを意識しながら、様々な求人情報を見て、

あたりをつけるのも一つの方法ですし、

 

一番確実なのは、転職エージェントに面接をしてもらうことです。

これが自らの市場価値を認識する最高の方法だと思います。

転職を考えていなくても、自分の将来に対して漠たる不安を

持っているのなら、面談を申し込むとよいと思います。

 

引く手あまたかもしれないし、

全く箸にも棒にもかからないかもしれない。

 

私も色んなことを言われましたわ。

公認会計士の勉強をしていた5年間を指して、この期間は

働いていないから、職務経験上、マイナスに見られると言われる一方で、

 

私の履歴書と職務経歴書を見て、「おもしろい経歴を

歩んでこられましたね~」と言ったエージェントもいました。

 

皆さんは、エージェントから何と言われるのでしょうか?

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする