小松菜のハウス栽培と露地栽培

Pocket

きゅうり定植前のハウス、小松菜ではない

現在、露地でも小松菜を栽培しています。

9月末に播種をして、今、収穫を行っているところです。

 

加温機のないハウスでは、この数年、冬場に小松菜等の

葉物も栽培していました。

 

そこで、露地とハウスの比較をしてみると、

やはり露地は難しい。

 

露地でまず悩まされたのは、虫。

蝶々や蛾が飛び回り、卵を産み付け、幼虫が小松菜の葉を

食べること、甚(はなは)だしきかな(泣)

 

消毒はしますが、効いているのか、効いていないのか。

蝶々はきれいですが、作物を育てている者からすれば、

蝶々が飛んでいると、まずいなとしか思いません。

 

もう一つは、気候。

露地なので、当たり前ですが、天候の影響をそのまま受けてしまいます。

播種後、強い雨が降って、雨で土が跳ね上がり、その跳ね上がった土が

葉っぱに付着したり。当然、そのままでは出荷できません。

 

最近、寒くなってきましたが、小松菜もその影響を受け、

大きくならない、成長できない小松菜も大変多いです。

 

また、湿気の多い場所でも、葉が黄色くなったり、

病気が出たりして、うまく育ちません。

 

露地ということは、外なので、まったく環境を制御できません。

雨、風、温度、虫、etc・・・

まさに放置プレー状態。

 

上手な農家さんはうまく栽培されているのでしょうが、

私が思う、露地栽培はこんな感じです。

 

結局のところ、小松菜を播種した面積の1/3位

収穫・出荷できればいいかなという感じになっています。

 

一方、ハウスでの小松菜栽培は、ある程度方法が

確立されてきたので、小松菜を播種した面積の90~80%は

収穫・出荷できる状況です。

 

やはり、環境をある程度制御できるということは、

非常に大きいですね。

 

 

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする