自分だけ早く帰ってはあかん?

Pocket

名称:ルル

遠い昔ですが、大学卒業後に働いた会社では、

何もすることがなくても、退勤時間に帰ることができませんでした。

 

私は、その時営業職で、その会社では「数字が人格」などと

言われていた、これ以上ないほどのBLACK会社でしたから、

目標数字も上げず、退勤時間とともに帰ろうものなら、

数字をあげてから帰れ、と言われるのがオチでしたから

何をすることもなく、何かしているふりをして、

職場の雰囲気を見て、帰ってもよい時間(大体22時以降)に

帰宅する生活を送っていました。

 

それから20数年。

今は、キュウリ農家に勤めています。

 

今月に入ってから、社員が減少し、

私にかかる負担が増加しました。

現在、仕事量はそれほどではないものの

やはり1週勤務すると、疲れはてます。

 

箱詰め作業を担当してくれるパートさんたちがいます。

私は自分の仕事が終わった場合、パートさんが作業をしていても

私は先に退勤するようにしました。

 

私がパートさんたちに、

「先にあがらしてもらうわ」と言うと

パートさんは、「先にあがんのか!?」と

幾分怒気を含んだ声で返されたものですが、

私もしんどく、体調を整えたいので先に帰ってきています。

 

以前は、パートさんが終わるまでは、

一緒に作業をしていました。

 

まあ、余裕があれば一緒に作業をして

パートさんの後に社員が帰るという流れが美しいのでしょうが。

 

私が休むと会社にまあまあ大きな影響が出るので

自分の仕事が終われば上がるようにし、

これぞ「働き方改革」と思ってはみても

後ろ髪を引かれるような思いは消えません。

 

なかなか難しい問題ですな。

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする