キュウリの成長状況

Pocket

3月16,17日に約1万本の苗を定植しました。

これらを3つの圃場に定植し、キュウリの苗は順調に成長しています。

下葉を除いて、2,3枚で来た苗が、今は5,6枚の葉が展開し

スクスクと大きくなっています。

 

今日も滋賀県は、快晴で、太陽の光が燦燦(さんさん)と

降り注いでいますが、こういう日こそ注意が必要です。

 

一般的には、快晴で温度もよく、洗濯物もよく乾くし

快適、快適と言う感じなのでしょうが、

キュウリを栽培する者にとっては、まして定植間もない頃に

快晴の日は、気が気ではありません。

 

快晴だと、ハウス内の温度は、急上昇します。

閉め切っていると、ラクに50度は超えるでしょう。

 

もちろんそのような高温にならないように、

天窓を開けたり、横のビニルを開けたりして、調節しますが

開けすぎて、外気温と同じになっても、ハウス栽培の意味が

ないので、開けすぎず、温度を保つことが必要です。

 

ただ、快晴の日は、温度だけでなく日差しもきついので

キュウリの苗が十分に水を吸えていないと、

一番上の新芽が焼けてしまいます。

 

本当に焼けたようになります。

焼けた苗は、甚大な影響を被ります。

苗自体は、生きていますが、一番伸びようと思っていた芽がなくなり、

2番目か3番目の芽が伸びてくることになります。

 

が、順調に成長している苗とその差は歴然です。

人間でいうと大けがしたも同然ですから、

その後も後遺症が残るかもしれません。

 

このように、定植してからしばらくは目が離せません。

 

と、偉そうに書いていますが、

今回の定植でも、苗を焼いてしまっています。

タイマーを使ってもう少し早く水をやればよかったかとか

遮光カーテンをすればよかったとか反省する毎日です・・・

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする