猛暑下でのキュウリ農家

Pocket

 

WikiImages / Pixabay                            

猛暑が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

我々も猛暑下の中、キュウリを栽培して、収穫しています。

今の主力のキュウリは、7月半ばに定植したもの。

 

それなりにうまく育っていますが、やはり春の一番いい時期に比べると

枯れる木が多くなっています。

 

5月半ばに定植したキュウリは、この暑さでほぼ上がってしまいました。

枯れて終わりということですね。

 

この暑さでは、ハウス内では軽く40度超えになっています。

加えて、キュウリが呼吸をするので、更に湿度が上がり蒸し暑くなります。

ハウスに入って10分もしないうちに、着ている服が汗でビチョビチョに・・・

 

キュウリの果形も先が細い形のキュウリが多くなっています。

暑さの影響が一番で、キュウリの品種の問題もあると思いますが。

 

ま、それでも今年は昼までに収穫が終わっているので、

助かっている部分はあります。

 

今日も昼で終わって、クーラーの効いた部屋でブログを書いています。

 

皆さんも暑さにお気を付けください。

 

今日は短めに。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする