大雨の影響 その後

Pocket

 

8月の大雨の影響について、以前記しましたが、

その影響は未だ引きずっています・・・。

 

8月21日にハウス2棟分の苗を注文し、それに間に合わせるために

準備していました。

 

8月14日に凄い雨が降り、ハウスの中にも水が浸み込んで、ハウス横から

水が浸み込んでくるんですな。

 

それも、水でジュクジュク状態の所をトラクターで全耕し、

再度、肥料を撒いて、畝立てしなければなりません。

なんせ、苗は8月21日に来るのですから。

 

ユルユル状態のハウスの中を何とか8月15日に全耕し、

再度、肥料を撒いてるときです。

悲劇が起こったのは。

その時は、重い肥料袋を背負って、肥料を撒いていました。

 

すると、ふくらはぎぐらいまでズボッと長靴がぬかるみにはまり込み

身動きできません。背中には20㎏の肥料袋を背負っています。

何とか足を抜こうともがきますが抜けません。

 

そうこうしているうちに、バランスを崩して、そのぬかるみに

コケてしまいました・・・。

 

もちろんズボンは泥だらけ、パンツにもしみて気持ち悪い。

長靴を履いているとハマってどうにもならないので、裸足で肥料を

撒いていました。ただ、もう一度ハマって、計2回泥だらけになりました。

 

しかし、本当に怖かったのは、畝立て。

これはトラクターの後ろに、畝立て形成機を装着して、ハウスの中を走ります。

この畝立て形成機が重いんです。何百Kgあるのか?100kg?200kg?

 

その重い形成機をつけて、ユルユルのハウスに入ります。

肥料撒きで私がコケたハウスです。

入ろうとしたのですが、入ろうとトラクターの頭を入れた瞬間、ズブズブと

トラクターが沈みます。

 

こら、あかん!

こんな所で、トラクターが動けなくなっても誰も助けてはくれません。

なんせ、ONE FARM(一人農場)ですから。

 

早々に、私がコケたハウスを諦め、もう一つのハウスを畝立てすることに。

コケたハウスよりここはマシでしたが、場所によっては、ユルユル。

トラクターが何回もウイリーし、前輪が浮いて、生きた心地がしませんでした。

畝立て形成機が重いので、どうしても前輪が浮きやすくなるんですな。

 

年に何人もの人がトラクターの下敷きになって、亡くなっているので、

他人事ではありません。

 

ウイリーして、バランスを崩して、トラクターがひっくり返ると言う光景が

浮かんでは消え、浮かんでは消え。

 

とにかく、危険な思い、危険な行為をしながらも、一つのハウスは

畝立てを終えました。

 

長くなったので、次回に。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする