大雨の影響 最終編

Pocket

前回は、大雨の影響でトラクターがウイリーして、非常な恐怖感を味わったところで

終えました。今回はその続きです。

 

8月21日の定植は、2棟予定していました。

そのうち1棟は何とか畝立てをしました。それでもハウスの一部は畝を立てることが

できませんでしたが。

もう1棟は、土が締まるまで、放置することにしました。

 

さて、8月21日、苗は当然のごとく来ました。

1棟は、通常通り定植しました。

 

もう1棟の苗をどうするか?

来た苗をそのまま置いておくと、苗は徒長(節間と節間が伸びすぎること。上だけ伸びて

根は伸びないので、苗に良くなく、虚弱な苗になる)します。

 

そこで、大きめのポットに植え替えすることにしました。

この作業もきつかった。

400本近い苗を延々とポットに土を入れて、植え替えして

水をやる作業。

8月21日は、疲労困憊でした。

 

私はこれで一安心だと思っていました。

ハウスの土が締まるまでゆっくり待って、ポットに植え替えた苗も

順調に育ってくれるだろうと思っていました。

 

ところがところが、数日後ポットの苗を見てみると、

節間が異常に徒長しています(涙)

普通、節間と節間の間は10cm以下でしょうか。

しかし、ポットに植え替えた苗は、15~20cmぐらいの

節間になっていました。

 

原因は、植え替えたポットを1か所に固めて置いていたことです。

密集して置いていたことで、風通しも悪く、湿気も高く、

徒長する条件が揃っていたんだと思います。

 

この徒長した苗を定植する時も大変でした。

異常にひょろ長い苗ですから、折れやすい訳です。

やはり5本程度折ってしまい、枯れてしまいました。

 

大雨で大きな影響を受けましたが、

今、現在、きゅうりがなりはじめ、

数日前から収穫できています。

 

キュウリの生命力に驚くばかりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする