キュウリ農家が2021年を振り返る

Pocket

長期間掲載を休んでおりました。

不定期ですが、また、掲載しますので、拝読頂けたら幸甚です。

 

さて、2022年になり、半月経ちました。

遅いかもしれませんが、私の2021年を振り返りたいと思います。

 

2021年はとにかく自分のハウスが4月に完成し、

キュウリを栽培した1年でした。

何と言っても「しんどかった」 この単語がまず出てきます。

体力的に一番きつかったですが、財務的にもしんどかったです。

 

独立するまでは、既存の農園でお世話になり、キュウリ栽培はわかっているつもりでしたが

自分でイチから始めてみると、うまくいかないことばかり。

良い学習になりました。

 

誤算は、たくさんありましたが、市場の私のキュウリ対する値付けの低さも

大きな誤算の一つでした。

 

私は、良いキュウリを育てる自信があったし、実際に良いキュウリができたと思います。

良いキュウリを作れば、市場で良い値段で買ってもらえると思っていました。

まあ、これが思い違いもいいところ・・・。

 

キュウリの箱の詰め方等、稚拙なところは多々あったと思いますが、

信用も何もない一年目のペーペーに良い値段が付くはずはありませんわな。

 

しかし、私は周りのキュウリ農家と同じ値段が付くと思い込んでいたので、

この誤算は、大きくダメージを受けました。

収入が全然変わってくるわけですから。

 

そして、反省点のもう一つは、体力的にきつかったこと。

週に二日、それぞれ半日程度休んではいましたが、5月から12月まで

毎日圃場には通っていました。

 

とうとう12月の頭に疲れがピークに達し、1日休みました。

12月になると寒くなり、キュウリの収穫も二日に1回でよくなり

休める日も増え、今はようやく体が回復してきたと思います。

 

そうなったのも5月からずっとキュウリが植わっており、

収穫し続けなければいけなかったからです。

 

この反省を生かして、今年は8月を休めるようにキュウリの植え付けを

しようと計画しています。

 

1年目の反省をどれだけ生かせるか、2年目の活動を

今後も記していきたいと思います。

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする