キュウリ栽培の反省③

Pocket

去年、キュウリ栽培を自らの圃場で初めて行っての反省、

第三弾、最後です。

 

それは、秋作の栽培でした。

秋作は、3回に分けて定植したのですが、

最後に定植したのは、10月上旬。

 

その頃になると、昼間は暖かいですが、

朝晩は気温が下がり、冷えてきます。

朝晩の気温が低いとキュウリが成長しないんですね。

 

昼間の日光で光合成して蓄えた栄養を

夜、転流で根から幹や葉に送るのですが、

この活動が気温が低いと活発化しないんです。

 

そこで、一つ目の反省、植える時期が遅かったこと。

今年は9月下旬に植えようと思っています。

 

そして、なかなか成長しないので、側枝を止めて、主枝の成長を

促そうとしたのですが、まあ、伸びない。

これも、上記で言った、朝晩の寒さのせいですね。

 

側枝を止めてしまっているから、木も大きくならない。

実もたくさんならない。

これが、第二の反省点です。

 

この対策として、温度が下がる夜は、早い時期から

加温機をつけて、温度を保ってやった方が良かったなと

思っています。重油代は高いですが・・・。

 

温度が温かくなる時期に育てるのは、放っておいても

まあ、育っていきますが、その逆で、寒くなっていく時期に

育てるのは難しいです。

 

このような反省をしながら、今年もキュウリを

育てていきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする